媒介契約とは

媒介契約とは?

媒介契約とは、宅地建物取引業者(宅建業者)に不動産の売却・購入の仲介を依頼する契約のことです。
媒介契約は宅地建物取引業法によって定められている行為で、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類あり、いずれかをお客様が自由に選択することができます。
媒介契約の締結によって、お客様と宅地建物取引業者の売買仲介の依頼関係が明確化され、お互いに権利や義務が発生します。
また、宅地建物取引業者は、媒介契約を締結したときは、遅滞なく一定の契約内容を記載した書面を作成して記名押印し、お客様に交付しなければならないと定められています。

媒介契約の種類

専属専任
媒介契約
依頼者は、依頼した宅建業者以外の宅建業者に重ねて売買または交換の媒介または代理を依頼することができません。また、依頼した宅建業者が探索した相手方以外の者(自ら発見した相手も含む)と売買または交換の契約を締結することができません。
依頼を受けた宅建業者は、物件の情報を指定流通機構(レインズ)に5日以内に登録し、1週間に1度以上、文章等による販売状況報告を行います。
専任
媒介契約
依頼者は、依頼した宅建業者以外の宅建業者に重ねて売買または交換の媒介または代理を依頼することができません。
依頼を受けた宅建業者は、物件の情報を指定流通機構(レインズ)に7日以内に登録し、2週間に1度以上、文章等による販売状況報告を行います。
一般
媒介契約
依頼者は、複数の宅建業者に重ねて依頼することができます。
依頼を受けた宅建業者には、売物件情報の指定流通機構(レインズ)への登録義務と、依頼者に対する販売状況の報告義務はありません。

媒介契約内容

  複数業者
との契約
依頼者自ら発見した
相手との取引
指定流通機構
への登録義務
媒介業務
経過報告義務
専属専任媒介 × × 5日以内 1週間に
1回以上
専任媒介 × 7日以内 2週間に
1回以上
一般媒介 なし なし

専属専任媒介・専任媒介イメージ 一般媒介イメージ

まずはお気軽にお問い合わせください!

Copyright © 2015 fukuoka-baikyaku.com All Rights Reserved.

PAGE TOP