福岡マンション売却ドットコムの 浜野 です。

東京カンテイが発表した、三大都市圏/中古マンション70㎡価格年別推移によると、

平成26年の中古マンション年間平均価格は三大都市圏全てで上昇したとのことです。

 

平成26年の中古マンション価格(年間平均)を三大都市圏別に見てみると、首都圏は前年比60万円・2.1%上昇の2,851万円、近畿圏は同10万円・0.6%上昇の1,817万円、中部圏は同7万円・0.4%上昇の1,489万円だった。

 

首都圏では3年ぶりの上昇となり、「ミニバブル後の最低値を更新した昨年から価格水準を持ち直し、再び2,800万円台を回復」する結果となった。中部圏も4年ぶりに上昇、近畿圏は2年連続で上昇した。

 

三大都市圏 中古マンション70㎡換算価格 年間平均推移

img1502_2a

ここ福岡においても、昨年は新築マンションの価格上昇にともない、中古マンションの価格も上昇傾向にありました。

都心立地に建つ、築10年以内の築浅中古マンションについては、価格上昇傾向にあったものの、すぐ売れるという状況が続きました。加えて、今までの常識では考えられない高値で売却となった物件も多々ありました。

今年に入ってもその傾向はさほど変わりはない状況と考えられます。

マンション売却をお考えの方、将来的にマンション売却をお考えの方、自宅が今ならいくらで売れるか知りたい方、などなど

まずは、お気軽に「福岡マンション売却ドットコム」へお問い合わせください。