「福岡マンション売却ドットコムの小川です。

自動車業界では、「ハイブリッド車」からCO2排出量ゼロの「燃料電池車」が注目され

ています。福岡市も公用車として、トヨタの「ミライ」を導入するとのことです。

以前、トヨタのハイブリッド車「プリウス」が世に出た時、環境意識が高い?とされる

海外セレブがこぞってプリウスに乗っている映像を見て、当時私も高い環境意識?持って

「時代は省エネ」と検討しましたが、環境にはやさしくても財布には厳しく断念しました。

今回の燃料電池車トヨタ「ミライ」は車両価格が700万円強。エコカー減税など補助金

で500万円程度で買えるとのことですが、我が家の愛車が3台買える価格。

価格もそうですが、電気自動車と同様に、やはり問題は水素ステーションなどのインフラが

整わない限りは、なかなか一般には普及しないのではと思われます。

ところで専門不動産の方ですが、戸建ではなく最近はマンションでも燃料電池「エネファーム」

を導入した物件が首都圏などで発売されています。

省エネ、光熱費が削減などメリットはありますが、エネファームで発電する量が0.75kw。

一般家庭の一日の電気使用量が10kw程度とすれば、損得勘定よりも高い環境意識が求めら

れるのでしょうか。

chart04_06_img02