まだまだ寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

体力だけ?は自信がある福岡マンション売却ドットコムの浜野です。

本日は、『リノベーション』という言葉の認知度について、ご紹介いたします。

ka_main_DSC6258

2014年のリクルート調査(住宅の購入または建築を検討している20歳~70歳までの男女に調査。)によると、

95.0%(2012年は85.5%)人が「リノベーション」を認知していたという結果が出ております。

また、関心ある人が47.6%と2012年の28.7%から大幅UPし、近年のリノベーション市場の広がりがうかがえます。

エリア別では、首都圏・札幌・福岡は「リノベーション」に対する関心が高まった。

思えば、私が来福した10年前は、福岡ではまだまだ「リノベーション」という言葉は浸透してなかったですし、中古マンションのリノベーション済物件はほとんどなかったように記憶しております。

それが、わずか10年で「リノベーション」という言葉を知らない人が5%しかいないという市場となりました。

新築物件より割安で、自分らしさを表現可能なところが認知度が上がった要因ではないでしょうか。

便利な都心部で中古マンションを購入し、自分らしさや拘りを表現した唯一無二の住まいをつくることも、住宅購入の選択肢の一つかもしれません。