皆様こんにちは。福岡マンション売却ドットコムの鎌田です。

花冷えの時節ではございますが、

皆様におかれましても、無事に新年度を迎えられたことと存じ上げます。

さて、私事ですが、4月1日より宮崎に転勤しました。

 

県外での生活は初めてだったので、様々な不安がありましたが、

2週間程経つと、市内の居酒屋で知り合った生粋の宮崎県民の方々と

宮崎弁で会話しながら黒霧島20度で乾杯していまして、

前々からの心配はどうやら取り越し苦労だったようです。

 

宮崎と言えば、南国でジリジリとした暑さを想像されるかと思いますが、

湿度が低いので、カラッとした天気で日中過ごしやすいです。

また、宮崎は比較的平坦な地形ですので、市内は自転車での移動がとても捗ります。

さて、宮崎に赴任しまして、まずやったことは一つ。

 

 

もちろんグルメ探訪です。

休日に『早くこの風土とフードに慣れないと。』

との大義名分のもと、気になる居酒屋におじゃましました。

まずは地鶏屋さんへ。

 

地頭鶏(じとっこ)というブランド鶏の刺身です。

今まで食べた鶏の刺身のイメージを覆すほどのインパクトでした。

 

続いて、〆の辛麺屋さんへ。

 

にんにく、ニラ、唐辛子がたくさん入っており、まさにソウルフードです!

お店の方に宮崎の事を伺ったら、

宮崎には「だれやみ」という言葉があり、「だれ」とは「疲れ」の事であり、
「やみ」とは「止み(止む)」の事で、いわゆる一日の疲れを癒すためにお酒を飲む文化があるそうです。

 

また、福岡の〆が豚骨ラーメンならば、宮崎の〆は辛麺か雑炊か釜揚げうどんとのことです!

 

 

ことわざにも「所変われば、水が変わる。」とあるように、同じ九州内でも

こんなにも方言、街の雰囲気、県民性、気候全てが違うんだなと感心しており、とても新鮮な毎日を送っております。

 

 

皆様も是非、機会があれば、南国宮崎へ!!

【福岡のマンション売却・不動産売却・査定は、福岡マンション売却ドットコムにお任せください!!】