こんにちは。福岡マンション売却ドットコムの岩永です。

11月も末となり、冬の到来です。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

2019年に新元号の施行が予定されて、最近少し思うのが、

いま私たちが「昭和っぽい」とか「昭和レトロ」と普段口にする様なものを、

未来には『平成っぽい』(?)などと呼ぶ時が来るのだろうか・・・

 

そんな中、先日自宅に『パーソントリップ調査』という封書が届きました。

対象エリアから無作為に選ばれ、なんの予告もなくわが家に送られてきました。

封筒には『福岡県』『佐賀県』『北九州市』『福岡市』のマークが。

開封すると「調査に協力を、家族全員書いて送ってください」云々。

こういう時って、なんでウチに…と思ってしまいます。

よく読むと、趣旨が、

北部九州圏の『将来の都市交通計画に役立てるための実態調査とアンケート』

であるということが解釈できました。

 

調査用紙への記入では・・・かなり、細かい回答が求められます。

これでなんと1人分。裏面にもびっしり質問があって、これが何枚も。

わが子達は喜んで書いていましたが・・・ちゃんと回答出来たか心配。

 

また、15歳以上を対象に、「将来、運転免許証を返納しますか?」との質問が。

これは大事ですよね。一応返納すると回答しました。

しかし返納したくても返納できない人がいるのが課題であって、

そのための交通網や住環境整備が今後重要です。

(車の自動運転技術の進歩が先かも知れませんが、いずれにしても。)

 

さらに調査の締めに、

「今、住んでいる場所を選んだのはなぜですか?」

「今後住み替えるならどんな家、街に住みたいですか?」 ときました。

私共の仕事柄、逆質問にあっている様で「オレに聞く!?」とツッコミたくなりましたが、

これも仕事柄、その統計結果をぜひ知りたくなりました。

 

記入にあたって事務局にも色んな質問をしましたが、

この調査は10年ほど前から行われていて今回が5回目とのこと。

私は初めてこの調査を知ったのですが、国策の『地方創生』や、

コンパクトシティ構想とも呼ばれる行政の『立地適正化計画』に

役立てられると知った以上は、しっかり回答したつもりでいます。

調査書記入は正直面倒でしたが、次また来たらインターネットで回答しようと思います。

 

最後に、この調査を知らない方がまだまだ多いとも感じました。

 

「Qちゃん・・・ もっと広報がんばらないかんね☆」

新元号となる未来へ、微力ながら、わが家の回答もお役にたちますように!!

 

それでは、まもなく12月。風邪、インフルにもお気をつけてお過ごしください。

【福岡のマンション売却・買取・査定は、福岡マンション売却ドットコムにお任せください!】