みなさんこんにちは。福岡マンション売却ドットコムの小川です。

先日発表された「月例経済報告」なるもので、景気回復期間が高度成長期 日本経済が

絶好調だったときの「いざなぎ景気」を超えた可能性が高いとの認識が示されたとのこと。

株価は上がり、失業率は下がり、確かに数字上では景気拡大しているが、実感がない。

日経新聞が行った国内主要企業の経営者100人のアンケートで、国内景気の現状を『拡大』

とみている経営者が約8割との結果が。その理由としては、設備投資の増加が最も多かった

とのこと。ただ一方で伸び悩む個人消費への懸念は根強いと。

 

所得(GDP)=消費+投資と考えれば、当然投資が増えれば所得(GDP)も増えます。

GDPの増加が経済成長なので、設備投資増加=景気拡大ということにはなります。

でも実感がない。理由は消費が伸びない、経営者の方々も懸念する『個人消費』が伸びない

から。 ではなぜ個人消費が伸びないのか。賃金が増えない、将来不安から消費を控える、

生活様式の変化、価値観・志向の変化、社会の閉塞感等、様々な要因があると思います。

 

ところで先月28日に衆議院が解散し、メディアは小池都知事(現在)の話題で持ちきりです。

「大義もなければ、節操もない」 ないない尽くしの総選挙。 日本をリセット! しがらみの

ない政治! 『寛容で改革精神に燃えた保守』 漠然とし過ぎていて、正直よく分かりません。

 

世間一般的には、景気拡大の実感がない  ・ 賃金が増えない ・ なんとなくの閉塞感 ・・・ 。

これを打破するには、やはり日本をリセット! しがらみのない政治!・・・ が必要なのか?

これに期待する一大ブームが起こるかもしれません。

ただこの状況は、「自民党にお灸をすえる」、「一度やらせてみては」的な流れから誕生した

民主党政権時を思い起こさせ、また同じような失敗を繰り返さないか、何もかもをリセットして

しまうのではないかと心配でもあります。

 

私が住む選挙区にこの『ブーム?』があるかどうか分かりませんが、何を、どうして、どのように

リセットするのか、勢いだけではなく判断できる説明をしっかり行っていただき、しっかりと判断

したいところです。

 

ところで先日通勤時にもう一人、気になる方の講演会開催のポスターを見つけました。

早速チケットを購入しましたが、講演会開催日が衆院選公示日翌日の10月11日。

どんな話が聞けるのか。 もしかして? 予定どおり開催されるのか?

いろんな意味で非常に楽しみです。

 

 

 

【福岡のマンション売却・不動産売却・査定は、福岡マンション売却ドットコムにお任せください!!】