こんにちは。福岡マンション売却ドットコムの浜野です。

昼間はまだまだ暑いですが、朝晩は涼しくなってきましたね。
秋といえば、「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」という風に表現されるように、過ごしやすい季節ですよね。「食欲」は年中なくならない私ですが、今年の秋はなにか「スポーツ」を始めようか検討中です。

 

さて、先日のニュースに、「不動産賃貸取引のIT重説、10月1日より本格運用」という記事が出てました。賃貸住宅を借りる際に、不動産会社から説明される重要事項の説明をテレビ会議などのITを活用したケースでも、対面によるものと同様に取り扱うというものです。アナログ人間の私としては少し違和感を感じますが、遠方からでも賃貸契約が可能と考えると、とても合理的な制度なんでしょう。
賃貸取引で浸透していけば、何れは売買取引においても「IT重説」が行われるようになるかもしれません。

 

 

「不動産×IT」の話を加えると、AI(人工知能)による物件情報の自動メール配信機能や顧客管理、質問応答対応などの機能を搭載した不動産仲介会社向けの営業支援クラウドシステムを首都圏の不動産会社が
導入し始めているそうです。また、不動産管理会社向けの物件確認電話の自動応答システムなどの導入も進んでいるそうです。
いずれも、不動産賃貸仲介会社向けのサービスですが、このシステムも賃貸取引に浸透すれば、売買取引においても導入する会社が出てくるかもしれません。このような事務的要素が大きい部分をAIが補ってくれるようになれば、我々営業マンにとっては、お客様に向き合う時間が増え、よりよい提案ができるようになるかと思います。
福岡においてもこのようなサービスを提供して欲しいものです。

 

最後に、不動産市場は9月以降、紅葉シーズンにかけて活発化します。
・秋の異動による引越しのため。
・春までに引っ越すための物件探しがスタートする時期。
・慌ただしい上半期を終え、生活が落ち着いた時期にマイホームを探す機運が高まる。
・夏季休暇中に落ち着いて考えることができた。
・暑い夏が終わり、物件の内覧が億劫でなくなった。
などなど主な要因はこんな感じです。

 

将来的にご売却をお考えの中古マンション所有者のみなさま、
この時期は、希望額で売却できる絶好のタイミングかもしれません。

 

 

 

追伸 北九州市小倉北区にある、更新うどんの肉うどん。
豪快な牛肉にたっぷりのわかめにパンチの効いた太麺。
牧のうどんの肉うどんに負けず劣らずの美味しさでした。笑

 

 

【福岡のマンション売却・買取・査定は、福岡マンション売却ドットコムにお任せください!】