みなさまこんにちは。福岡マンション売却ドットコムの木原です。

先日、九州国立博物館で開催されているラスコー展に行ってきました。

平日で天候も良くなかったので、そこまで混雑はしていませんでした。

前から気になっていた展覧でしたので楽しみです。まずはチケットを売店で購入。

特別展は2階で開催されます。ちなみに3階は常設展となっております。有料ですが、いつでも見学できます。

常設展は何回も見たので今日は特別展のみを見学したいと思います。ただ、初めての方は3階の常設展もおススメです。

【ラスコー洞窟の簡単な紹介】

フランスのドルドーニュ地方、ベゼール渓谷にある洞窟です(およそ1万5000~2万年前)地元の少年たちによって1940年に発見されました。すでに世界遺産に登録されており、現在は立ち入り禁止となっています。今回はそのラスコー洞窟の内部が精巧な模型で再現されていて、実際に内部を歩いているかのような体験ができるとのことです。クロマニョン人が描いたとされるその鮮やかな動物の壁画が時空を超え、現在の私たちの眼前に姿を現します。

『クロマニュン人が見た世界』

早速、展示室中へ。実際のラスコー洞窟にある本物の壁画と数ミリの誤差もなく正確に再現されています。展示室の中は意外と写真OKのところも多く、数枚パシャパシャと撮っていたら、辺りが徐々に暗くなりはじめました。停電ではありません。演出の一部でした。特別な塗料で動物を描いており、その動物を浮かび上がらせるためです。なかなか洒落た演出です。

 

そして、中へ進んでいくと、謎の鳥人間に出くわしました。

前にブログでご紹介したサピエンス全史では、『この絵(謎の鳥人間)にはどのような意味があるのか?』と問いてます。『鳥のような頭をし、陰茎を勃起させた男性がバイソンに殺されているところだとする人もいる。』、『男性の下にも鳥がおり、これは死の瞬間に肉体を抜け出した魂を象徴しているのかもしれない。』という説もあると紹介しています。そして『現代の学者の先入観については多くを明かしてくれるが、古代の狩猟採集民が何を信じていたかについては、ほとんど何も教えてくれない。』と締め括っています。

ただ、素直に捉えるならば、この頃の人類はすでに「空想を想像できる能力」や「物語を紡ぐ能力」が備わっていたと考えてもおかしくはないと思われます。

 

それから、進んでいくと当時の衣類を着たクロマニョン人の模型があり、さらに進んで行くうちに大きなマンモスの牙などを触れることが出来、なかなか楽しい体験でした。

ご興味ある方は是非ご覧になられてはいかがでしょうか。9月3日まで開催しています。

★★★

 

【福岡のマンション売却・買取・査定は、福岡マンション売却ドットコムにお任せください!】