こんにちは。福岡マンション売却ドットコムの岩永です。

毎年毎年、12月の慌しさは必ず想像を上回ります。そうこうしてたら年末やんか!?
そう思うのは私だけではないはずです。

そんななか、先日、鳥取島根を駆け足で巡ってきました。

◇横山大観と日本庭園でも有名な『足立美術館』

%e8%b6%b3%e7%ab%8b%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8

庭園の絶景を前に、正座して目を閉じ、深呼吸を・・・
と勝手に想像してましたが、実際は回廊からガラス越しに観ることとなります。

それでも、開放されている空間や、趣のある茶室もあって観応えは十分。手入れの行届いた庭園にはため息しか出ず。
かなり来館者が多いので、平日がオススメです。

 

 

◇江島大橋 通称『ベタ踏み坂』。

%e3%83%99%e3%82%bf%e8%b8%8f%e3%81%bf%e5%9d%82
CMで不思議に思っていたこの橋、見るほどかなり急勾配に見えると思います。
「ベタ踏み感を写真にするのは難しい」とは同行の知人。本来一眼レフ+望遠レンズが必要なところ、愛機RICHOのデジタルズームを最大限にして、何とか雰囲気だけでも。

 

 

◇話題のドラマは砂の塔ですが、鳥取定番『砂の丘』!!

%e9%b3%a5%e5%8f%96%e7%a0%82%e4%b8%98

丘の向こうは冬の日本海。鳥取島根の旅は、渋さ満載です。

 

◇出雲大社から20分ほどの『日御碕』

%e6%97%a5%e5%be%a1%e7%a2%95

ひのみさきと読みます。高さの日本一の灯台があり、その足元から見た夕日。

 

そのほか出雲大社参拝、出雲そばの手打ち体験、レトロ自販機のメッカ(マニア向け)など、盛り沢山の行程。境港の海鮮丼も美味でした!!

アラフォーで渋い旅行が楽しめるようになったと感じつつ、同行メンバーで一番楽しんでいたのは20代でした。

鳥取島根、魅力的なスポット多いですよ。よし、また行こう!!

以上、実は11月の写真でした。師走前、まだ今より時間があるうちに行けて良かった。

 

さてこれから冬本番で、さらに気温が下がります。
数年前、無謀にもデビッドボウイを真似して買った青いマフラー。
そろそろ出番となりそうです。
今年も色んな事がありましたが、年末まで体に気をつけて良い年を迎えましょう。

それでは今日はこの辺で失礼します。