みなさんこんにちは。福岡マンション売却ドットコムの小川です。

先日「マイナス金利」というタイトルでブログを書きましたが、

あれから約2ヶ月。さらに金利は低下し、最近は多少落ち着きつつ

あるものの、変わらずマイナス圏で推移しています。

テレビや新聞では、ほぼ毎日「マイナス金利」に関するニュースが

でていますが、仕事上関係する住宅ローン金利については意識して

いたものの、自身の実生活にはそれほど影響ないかなと、深くは見て

おりませんでした。

ところが先日、以前より掛けている確定拠出年金の運営会社より、

「MMF繰上償還のご案内」なる封書が届きました。

そういえば、先月新聞にMMFの返還に関する記事があったなと、

その時は他人事でしたが、まさか自分に影響するとは。

ただ私の場合は大した影響はなく、よく分らない・得体の知れない

「マイナス金利」とやらを少しだけ実感することができました。

ところで、仕事柄注目していました住宅ローン金利ですが、ついに

三井住友信託銀行の30年固定金利が最優遇で1.05%となりました。

私が約10年前に組んだ住宅ローン金利が30年固定で2.70%程度。

なんと4割以下です。

仮に借入額が3,000万円・返済年数30年とした場合、毎月の支払い

額で約24,500円、利息総額で約8,820,000円の支払い差がでます。

もちろん既に借り換えており、現在は変動金利のお世話になって

いますが、その変動金利よりも今の30年固定の方が低い状況です。

一年・半年先どうなっているのか、何が起こってもおかしくない

この世の中、再度の借り換えを真剣に考えはじめた今日この頃です。

DSC_0088

 

【福岡のマンション売却・不動産売却・査定は、福岡マンション売却ドットコムにお任せください!!】