みなさんこんにちは。福岡マンション売却ドットコムの浜野です。

早いもので今年もあと1ヶ月となりましたね。忘年会シーズンが到来し、忙しい日々を送られている方も多いのではないでしょうか。

 

さて、今日のニュースに 『買うなら中古』3倍に という記事が出てました。

⇒住宅を買うなら中古物件ということ。

28日に発表された内閣府の世論調査で、住宅を購入するとしたら『中古』という人は9.9%で、10年前の3.4%から3倍近くに増えたそうです。また、『新築』は73.0%で、10年前から9.2ポイント減少したそうです。中古という人の理由は「中古住宅の価格の方が手が届きやすい」が最多の61.0%だったそうです。

まあ、『中古』が3倍に増えたからといっても9.9%で、『新築』を希望する人が73%とまだまだ『新築』を希望される人が圧倒的に多いわけなんですが、ここ数年で中古物件需要が増えてきていることは間違いなさそうですね。

福岡に限らず全国の主要都市を見ても、都心の一等地は『新築』を建てる土地が余っておらず、二番手、三番手の立地に建てざるを得ないことは必然です。

都心の一等地に不動産を購入したいなら『中古』という構図になるわけですね。当然新築より割安で購入できるという理由もあると思いますが。

今後ますます『中古』を抵抗なく購入する人が増えていくかもしれませんね。

 

 

最後に、先日行ってきました。

DSC_0183

 

糸島にある雷山千如寺大悲王院の紅葉。

天気があまりよくなかったのが残念ですが、樹齢400年の大カエデは圧巻でした。

福岡西エリアのおススメ紅葉スポットですよ。

 

 

【福岡のマンション売却・不動産査定は、福岡マンション売却ドットコムにお任せください!】